物忘れとイメージ

こちらに興味深いサイトがありました。
「うっかり物忘れを防ぐ根本的な解決方法」
http://r.nanapi.jp/1042/

携帯電話のキー配列サイトによると
物忘れを防ぐためには思い出す能力を鍛える事」が大切で、そのためには「頭の中で具体的なイメージを持つ」ことが大切だと。

『たとえば、カギをかけることを忘れないためには「カギをかける」と文字だけで覚えるのではなく、「実際に自分がキーを手に持ってドアの鍵を絞めているところ」をイメージします。』

なるほど、わかります。わかります。
脳を鍛えると言うのではないかもしれませんが、イメージと結びつけて物事を覚える記憶術というのは、良く聞いたことがあります。

私が最近、電話番号や暗証番号を覚える際にやっているのは、 携帯電話のキー配列を思い出して、それを指で押した気になって、その軌道をイメージする方法。これが、けっこう有効です。
例えば13587ならカタカナの『ア』の字、3450なら『イ』の字っぽい形で覚える。
結構いい覚え方でしょ?

ただ、これの難点はおんなじ数字が連続すると何だかわからなくなっちゃうことです×××

上記のサイトでは、 具体的な実践方法として、その日の予定を具体的に書くといった方法が紹介されています。

戸締り、 鍵閉め、火の元、携帯品の確認には、弊社の無料携帯サイト i-点検 が便利ですよ。
i-点検はこちらから 〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉携帯用 / PC用

No related posts.

Posted on 2月 1, 2011 at 6:23 am by 物忘れ研究員 · Permalink
In: 物忘れ研究

Leave a Reply