ガムと物忘れ

こんなニュースがあります。

「 歯失うと認知症高リスクに」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110121/trd11012118340177-n1.htm

歯がほとんどなく入れ歯も使っていない高齢者が4年間で認知症になるリスクは1・9倍になるとの研究結果を、厚生労働省研究班が発表しました。
実際に、噛むという行為は、海馬を鍛え、物忘れを改善するひとつの方法だと言われています。

ガムなどを噛むと、脳内にセロトニンという神経伝達物質が分泌されます。
このセロトニンには脳の様々な部分を活性化させる働きをするんだそうです。
それにより、短期記憶力や判断力などが高まり、その結果として物忘れを改善、または予防できるという事なのです。

リラックス効果も期待できるし、モノケンは、案外仕事しながらガム噛んでもいいんじゃないかななんて思います。
多分、社長に怒られますけど。

戸締り、 鍵閉め、火の元、携帯品の確認には、弊社の無料携帯サイト i-点検 が便利ですよ。
i-点検はこちらから 〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉〉携帯用 / PC用

No related posts.

Posted on 1月 24, 2011 at 8:03 am by 物忘れ研究員 · Permalink
In: 物忘れ研究

Leave a Reply