指さし確認のかわりにi-点検

こんにちはi-点検開発担当のAです。寒い日が続きますね。

こんなことありません?

外出したけれど、戸締りや火の始末が気がかりで駅前から家に戻ったり・・・

寝ようと布団に入ったけれど、玄関の鍵が気になって何度も布団から出たり・・・

私はあります。そんな時、ついやってしまうのが指さし確認。wikipediaによると・・・

指差喚呼(しさかんこ)とは、危険予知 (KY/KYK) 活動の一環として、信号標識、計器、作業対象、安全確認などの目的で、指差を行い、その名称と状態を声に出して確認することである。この際、状況などにより手や足も使うことがある。業界や部門、事業所によって指差確認喚呼(しさかくにんかんこ)、指差呼称(しさこしょう・ゆびさしこしょう)、指差称呼(しさしょうこ・ゆびさししょうこ)、指差唱呼(しさしょうこ・ゆびさししょうこ)とも言う。一般的には「指さし確認」で知られる。

・・・だそうです。

行動と目と声で確認することによって、ミスや労働災害が格段に減る事が証明されているそうです。

i-点検は携帯の画面で戸締り、鍵閉め、火の元、置忘れの4つの項目(各3項目&ユーザーが自由に決められる項目が各ひとつの計4つ)とチェックしすることによって指さし確認の代わりに気になる防犯・火事等の心配を解消し、みなさんが安心・安全な暮らしをおくるお手伝いをします。

そのほかにも自由に書き込めるメモ機能や、ユーザー独自に設定できるチェック項目を更に4つ追加!

計20のチェックとメモ帳で、i-点検はうっかりミスを予防します。

本当に便利ですよ、これ

もちろんご使用は無料ですので、どうぞ、お気軽にご登録ください。

i-点検の詳しい内容は・・・

PC版は  http://seieido.com/i-tenken.html

携帯版は http://seieido.com/i-tenken/

No related posts.

Posted on 12月 13, 2010 at 7:30 am by 物忘れ研究員 · Permalink
In: i-点検